中学吹奏楽部アンサンブルコンテストで銀賞受賞

1月26日に、中学吹奏楽部から打楽器四重奏チームが東京都中学校アンサンブルコンテストに出場し、銀賞をいただくことができました。

今回、初めて打楽器チームの出場でしたが、これがなかなか大変でした。
まず、選曲の段階から東西校舎に別々にある打楽器をリストアップし、どの曲が演奏可能か検討。
曲が決まってからもどういう段取りで楽器を運べば練習可能か考え、並行して定期演奏会の練習もある高校生との予定のすりあわせ。
部の中のセレクションを経て、コンテストに出場することになってからは練習が本格化し、毎週末の校舎間での楽器の運搬。
さらには例年のことですが、学校の合唱コンクールの練習、特に今年は曜日のめぐりもあり、直前の1月24~26日が中学、高校の入試で練習できないという、不利なことにかけてはおそらく東京都でNo.1ではないかという環境でした。
しかし、その中を生徒は明るく元気に乗り切り、高校の先輩たちの助けもあって、何とか晴れの本番の日を迎えることができました。
本当に、特にこの1ヶ月ほどで生徒は大変成長したと思います。
吹奏楽部を指導しながらいつも思っていることは、楽器が上手くなって音楽的に充実することも大切なのですが、生徒が1人の人間として周囲の人々とのコミュニケーション能力やチームの中での責任感など、これから社会で生きていくために必要なものを、部活動を通して養って欲しいということです。
そういう意味では今回のアンサンブルコンテストは、出場したメンバーだけでなくサポートした部全体にとって、とても有意義なイベントだったと思います。
前回のアンサンブルについての記事にも書きましたが、3月には下記の通り定期演奏会が予定されています。部員それぞれががんばっている白鴎吹奏楽部の一年間の集大成にみなさま、ぜひご来場ください!

日時:平成31年3月31日(日)12:30開場 13:00開演(15:30終演予定)
会場:浅草公会堂

中学吹奏楽部「シエナdeアン・コン!」で最優秀賞受賞
中高吹奏楽部「東京都高等学校アンサンブルコンテスト」で高校のSaxチームが金賞、中学の金管チームが銀賞受賞

12月26日に文京シビックホール主催「シエナdeアン・コン!」というアンサンブルのコンテストがありました。これは日本有数のプロ吹奏楽団である「シエナ ウィンド オーケストラ」のメンバーから事前にレッスンを受け、後日本番をコンテスト形式で行うという、生徒にとって音楽的に学ぶところの多いイベントでした。そのコンテストにおいて、中学の金管8重奏チームが見事に最優秀賞を受賞することができました。

さらに年が明けた1月5日、「東京都高等学校アンサンブルコンテスト」が行われ、本校から高校のSax5重奏チームと、中学の金管8重奏チームが出場しました(規定上、中高一貫校の中学生は高校の部に出場することができます)。結果はSaxチームが白鴎高校吹奏楽部初の金賞、金管チームも「シエナ~」のコンテストの勢いを駆り、高校生の中で堂々の銀賞を受賞することができました。

今年度は11月末の学校創立130周年記念式典の準備もあり、例年以上にアンサンブルにかける時間が短かったのですが、高校チームはそれを感じさせない圧巻の演奏。さすがに300以上のチームから15チームが進出する都大会出場はなりませんでしたが、それはまた後輩たちがその夢を引き継いでくれると思います。また、中学チームも中学のアンサンブルコンテストが1団体しか出場できない関係(中学の部には打楽器チームが出場予定)で高校の部に出場することになったものの、気後れすることなく息のあった好演を聞かせてくれました。両チームともアンサンブルを通して細かく音楽を作り上げる難しさ、楽しさを学んだと思います。
次の本番は3月31日(日)に浅草公会堂で行われる定期演奏会です(開演時間は昼過ぎからの予定)。アンサンブルコンテストに参加したチームだけでなく中高吹奏楽部全体で楽しんでいただけるステージをつくりあげたいと思いますので、みなさまぜひご来場くださいますようお願いいたします。

海外修学旅行4日目

最終日は龍山寺の参拝を行いました。
平安、健康、学問、恋愛等様々な神様からパワーをもらうことが出来たと思います。
参拝後はおみくじにも挑戦。それぞれの願いを込めて石を投げていました。(2日目の南港高級工業職業学校からのお土産にも、石型の消しゴムが入っていました)

海外修学旅行3日目

3日目は班行動(B&Sプログラム)でした。

各班に現地の大学生がついてくださり、台北を1日観光しました。帰ってきた生徒からはもっと一緒に周りたかったという感想が多く、良い思い出になったようです。

海外修学旅行2日目

2日目は、台北市立南港高級工業職業学校と学校交流を行いました。

両校校長の挨拶の後に、南港の生徒より心温まる日本語の歓迎スピーチを受け、本校生徒会役員が学校紹介のスピーチを行いました。
今回の学校交流のために中国語の原稿を用意しました。また、日頃から勉強している英語と日本語でも同内容のスピーチを行いました。
そのあと、儀仗隊(クラブ活動)のパフォーマンスを観覧し、本校和太鼓部の演奏を披露しました。