WWL事業「Tokyo Leading Academyトライアル参加」

2019年11月17日(日)午後、東京大学先端技術研究センターにて開催された、Tokyo Leading Academyトライアルに、本校から7名の生徒たちが参加しました。 Tokyo Leading Academyトライアルは、東京都教育委員会が主催する世界最先端かつトップレベルの学習機会を提供する特別講座です。 今回のテーマは「持続可能なエネルギーシステムの実現方法」です。東京大学先端科学技術研究センターの杉山正和教授、オーストラリア クイーンズランド工科大学のIan Mackinnon教授を迎え、レクチャーや最新の実験機材による実演、Q&Aセッションがすべて英語で行われました。スペシャルゲストとして、小池百合子東京都知事がいらっしゃいました。  生徒たちは、教授陣から与えたれた事前課題に取り組み、本特別講座に参加しました。事前課題を通して学び考えたことやレクチャーの内容、またそれらに関した質問を積極的に行い、得た答えから、さらに興味関心を広げることができました。

 全て英語で行われた本特別講座への参加を通し、「ツール」としての英語の役割を強く感じ、自らの世界を広げる上で英語を使えることの重要性について改めて考え、今後の英語学習の励みとなったようです。  今後も、さまざまな分野でのTokyo Leading Academyの開催が予定されています。世界最先端かつトップレベルの学びにふれることの出来るこの特別講座に、さらに多くの生徒たちに参加してほしいと思います。

東校舎STEM教育

11月20日(水)、東校舎第1理科室で中学生を対象とした実験を行いました。 講師の先生方は以下の2名の先生にお願いしました。 木村優里(きむらゆうり)先生 特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所 専門研究員/東京学芸大学 個人研究員 田中若葉(たなかわかば)先生 東京学芸大学 学部4年生 実験概要も以下の通りです。 実験テーマ:「水の力で車を走らせよう!」 実験内容: ブロック型教材を用いて、水の力で進む車を作り、ゴールを目指す。 水の力でどの程度の速さが出るか5mのコースでタイムアタックに挑戦しよう! 創造的に問題を解決していくことで、「新しいものやしくみや価値を生み出す力」を育てよう! 講師の先生方の説明を聞き、早速活動に入りました。理科の好きな生徒を中心に班行動が始まり、 まさに競争と協働で取り組んだ活動でした。 生徒たちはどうすれば早く動かすことができるか、どうすればスムーズにスタートできるかなど、熟慮しました。 今回の取り組みでまたいろいろな発見をすることができたでしょう。 今回参加できなかった皆さんも次回は是非申し込んでください。

11月14日(木) 2年生職場体験 3日目

2年生の職場体験最終日です。どの事業所でも生徒たちは積極的に、そして明るく笑顔で体験活動に取り組んでいました。各事業所の担当者からはお褒めのお言葉を頂き、生徒たちの取り組む姿勢の素晴らしさを感じることができました。  生徒ひとり一人に話を聞いてみると、働くことの大切さ、周囲への気配りや言葉遣いなど、普段何気なく見ていたことと実際はどれだけ違うか学ぶことができたようです。  また、両親への感謝やこれまで支えてくれた人たちへの感謝の言葉もありました。この経験を生かし、将来の夢が叶えられるように日々努力していきましょう。みなさん、お疲れ様でした。

11月13日(水) 職場体験 2日目

2日目は各事業所で仕事内容の説明や講義などを受けました。また挨拶や身だしなみといった社会人としての基本的なマナー、そして接客や接遇についての心構えやおもてなしの精神を学びました。最初は緊張感のある表情をしていましたが、次第に表情もほぐれ、笑顔で体験活動をしていました。生徒たちも働くことの大変さややりがいなどを感じ、充実した時間を送ったようです。明日は最終日です。生徒の皆さん、気を抜くことなく最後まで頑張っていきましょう。

11月12日(火)2年生 職場体験

2年生は11月12日(火)から3日間、職場体験学習に参加します。それぞれの事業所に行き、働くことの意義を学び、勤労観勤労観を養っていきます。事前学習で、職業についての知識、社会におけるマナーや礼儀など学んだことを実際に実践する場でもあります。普段できないことを体験することによって、生徒たちの将来の夢や職業選択の参考になることでしょう。