軟式野球部 春季都大会ベスト4

3月に行われた春季都大会予選を秋季大会に続き勝ち上がり、都大会ベスト16。そして迎えた都大会一回戦、4月22日(日)東綾瀬公園野球場にてVS芝高校と対戦。左のエース、右の速球投手ともに打ち崩し7対5で見事勝利。4月29日(日)上井草スポーツセンター野球場にてVS早大学院と準々決勝。1点を先制され、追いつき、逆転され、逆転して、また追いつかれというシーソーゲーム。最後まで集中力が続き、全員野球で延長10回、6対5で見事勝利。4月30日(祝)稲城中央公園野球場にてVS小石川中等教育学校と準決勝。チャンスで得点できず、1対4で準決勝敗退。5月4日(祝)稲城中央公園野球場にてVS日体荏原高校と東京第三代表決定戦。7回まで0対0の投手戦となりましたが、その後得点され、0対5で敗退。関東大会には一歩届かずでしたが、白鷗高校野球部初の都大会ベスト4快進撃でした。
お忙しい中応援に駆けつけてくださいました皆様、誠にありがとうございました。夏の選手権大会に向けて、今大会の経験を活かし今大会以上の結果を目指して頑張ります。

中学校「学校紹介行事」のご案内

都立白鴎高等学校附属中学校の「学校紹介行事」を実施します。
学校の教育方針や入学者選抜(昨年度参考)に関するご説明のほか、生徒による学校紹介や校内見学ツアー、質問コーナーなどもご用意しております。 ぜひ、ご参加ください。

◆日時

  • 平成30年6月16日(土) 全体説明会の所要時間:約1時間
  • 開催時間はお住まいの区市等によって異なります。(下記参照)
  • 【第1回】 受付9:00 開会9:30
    葛飾区・江東区・千代田区・中央区・新宿区・渋谷区・港区・中野区・杉並区・世田谷区・目黒区・豊島区・文京区にお住まいの方
  • 【第2回】 受付11:00 開会11:30
    荒川区・江戸川区・墨田区・北区・練馬区・品川区・市部・都外にお住まいの方
  • 【第3回】 受付14:00 開会14:30
    足立区・大田区・板橋区・台東区にお住まいの方

全体説明会終了後、「海外帰国・在京外国人生徒枠募集」説明会を実施します。
受検をご検討の方は全体会と併せてご参加ください。
第1回 10:30~  第2回 12:30~  第3回 15:30~

◆会場

◆全体説明会の主な内容

  1. 校長あいさつ、学校の教育方針について
  2. 生徒による学校紹介
  3. 入学者選抜方法について(昨年度参考)

全体説明会終了後、見学ツアー及び相談コーナーをご用意しております。(自由参加)
・ 西校舎校内見学ツアー
・ 本校教職員による個別相談コーナー
・ 本校生徒への質問コーナー
・ 本校在校生保護者への質問コーナー

◆参加方法

    • 事前のお申込みは必要ございません。実施日当日、直接お越しください。
    • 上記時間帯で都合の悪い方は居住地に関わらず他の時間帯でも参加可能です。
    • 必ず上履きをご用意ください。
    • 公共交通機関をご利用ください。(駐車場はござません。)

流鏑馬

4月21日(土)、「人間と社会」の授業の一環として、4年(高校一年)23名が、台東区が主催する浅草流鏑馬のボランティア体験をさせていただきました。江戸時代は浅草神社の正月行事として毎年1月5日に実施されていた神事を現代風に若干アレンジしたものだそうです。
事前学習から、浅草観光連盟と台東区観光課の方々にご協力をいただきました。

当日は、大きく出演者と受付の二手に別れて仕事をしました。
鎌倉時代の衣装を身につけた白鴎生とその他のボランティアの皆さんに、国内外の大勢の観光客の注目が集まりました。矢取りや交換の儀式などの練習を終え、会場まで移動する間も、珍しそうに見る外国からの方々にカメラを向けらました。いよいよ流鏑馬がはじまり、間近で見る伝統武術の迫力に圧倒されながらも、表情を変えることなく、
日本の伝統文化を再現する側としてどう見られるかを常に意識しながらやり切らねばなりません。この年一番の暑さを記録した一日でしたが、白鴎生たちは全員最後までそれぞれの役割を真面目に、楽しみながら、元気にやり終えました。
「流鏑馬すごかった~」「緊張した~」大役をやり終えて率直な一言。とてもよい表情が残りました。
事後学習のメモより
「(前略)今回の活動で強く思ったことは、流鏑馬は外国の人に日本を知ってもらうためには最適な行事だということ。作法などから日本人が重んじる美しさや正確さを感じることができたり、装束から日本の伝統的な格好を知ることができたり、また、馬になって三つの的に矢を放つという、並大抵の努力ではこなすことができないことをやってのける武士のストイックな考えを知ってもらえるとてもよい機会になる。今回の活動を通して、日本の伝統的な行事を次の世代へと引き継いでいこうという地域の方々の熱い思いを実感し、私もその一員になって世界中に発信する手助けをしたいと思った」
今回体験した4年生は、本校が掲げる「上野・浅草学」の発展の一環として、卒業までの論文完成をめざしております。
こうした地域での活動を、一年間を通して全員が体験していきます。
様々な方々のご協力により、第一弾の体験として、大変実り多き活動となりました。ありがとうございました。


4学年 総合的な学習の時間で上野・浅草についての講演会を実施しました

白鷗高校・附属中学校では探究的な学習を推進するため、今年度の4年生の総合的な学習の時間において課題研究に取り組んでいます。個人の本格的な課題研究は来年度からですが、今年度は課題設定のために、「上野・浅草」について様々な講演を聞いて知識を深めたり、流鏑馬や鳥越祭などを実際に体験することで伝統文化について理解を深めたりしています。

5月1日には、台東区観光ボランティアガイドの方々をお招きして、上野・浅草の歴史や文化について学びました。上野・浅草の地形の成り立ちや歴史的な変遷、そこでうまれた江戸文化や観光名所などについて知ることができました。自分たちが毎日通っている地域の歴史や文化について、生徒たちは興味深く聴いていました。今後、課題研究に向けて、より一層知識を深め、視野を広げていけるような授業を実施していく予定です。

ミニビブリオバトル

3月21日(水)、国分寺高校で行われた、都英研主催ミニビブリオバトルに、本校の英語部員2名が参加しました。
ミニビブリオバトルでは、3分間で自分が勧める洋書の紹介スピーチを英語で行い、スピーチを聞いた参加者や観客が最も読みたくなった本に投票します。一番多くの票を得た参加者が優勝となります。
全都から12校の生徒24名が参加し、本校からは高校1年生1名と高校2年生1名が参加しました。
それぞれ、オリバーツイストとハリーポッターアズカバンの囚人の洋書を読み、要約や印象に残った点をまとめるなどしながら、3分間の英文紹介スピーチを用意しました。
残念ながら、入賞は逃しましたが、次回につながる大会参加となりました。

次は、アメリカ大使館共催のクイズ大会、アメリカボウルに参加予定です。
引き続き、楽しみながら英語に親しむ活動を行なっていきます。