2年生 オリンピック・パラリンピック教育

本日の総合的な学習の時間は「オリンピック精神を英語で学ぼう」をいうテーマで実施しました。今回はオリンピック精神に基づいて自分たちでシンボルを作成してみるといったクリエイティブな内容でした。各グループでアイディアを出し合いながら、一つのものを作るという協働学習は、生徒の発想力を育てるいい機会となりました。

デンマークの高校生が白鷗高校を訪問しました!

本日、デンマークのヘレラップ高校の生徒28名と引率教員2名が白鷗高校を訪れました。今年は日本・デンマーク外交関係樹立150周年にあたり、白鷗高校のある台東区がデンマークのグラズサックセ市と姉妹都市交流を行っている関係で、白鷗高校でデンマークの留学生を受け入れることになりました。
留学生達は午前中の2時間、5年生の「日本文化概論」の授業に参加しました。「日本文化概論」は白鷗独自の学校設定科目で、茶道、書道、将棋、華道など日本の伝統文化について、専門の講師の先生を招いて学習しています。授業では留学生ひとりひとりにバディの生徒がつき、書道では漢字の書き方や筆の使い方を、華道では花の生け方を、茶道では抹茶の飲み方を英語で説明しました。将棋では、講師の先生の英語での説明のあと、グループで将棋をやってみる中で一緒に指し手を考えていました。白鷗生が日本の伝統文化についての知識をしっかり身につけ、それを英語で発信している様子は大変頼もしかったです。


また、昼休みには有志生徒「白鷗ともだちプロジェクト」による、学校紹介・日本文化紹介のプレゼンがありました。白鷗ともだちプロジェクトは6月のオーストラリアの留学生受入れの時にも様々な準備やイベントを行ってくれましたが、今回も英語でのプレゼンや校内装飾、英語版パンフレットの作成などで活躍してくれました。短い時間でしたがお互いの文化について楽しそうに話す様子がみられました。デンマークの高校生との交流を通して、白鷗生の視野がまた広がったようです!

白鴎祭準備中

来週はいよいよ白鷗祭です。準備が本格的になりました。中学生はこれまでの体験学習の成果を発表する場でもあります。生徒ひとり一人がアイディアを出し合い、少しでも楽しく来場者が白鷗祭を過ごせるように展示物や掲示内容に工夫をこらしています。夏休み明け、生徒は日々成長しています。当日の生徒の様子を是非ご覧ください。

2学期 授業開始

本格的に授業が開始しました。午前中は宿題テストを実施、午後は通常授業を行いました。2学期から新しくJETが加わり、英語の授業が充実します。本日は初めての授業でした。さらに国際色豊かな学校になりそうです。

中学1年の夏季講習で東京国立博物館にいってきました!

   

823日に1学年の生徒約70名で夏季講習として東京国立博物館にいってきました。

午前・午後の二回に分けて、1学期に歴史の授業で学習したものの「ホンモノ」29品を博物館に探しに行く「トレジャーハンティング」企画。

1学期は原始~古代を学んだので、平成館の考古学展示室を見て回りました。見つけたモノは感想とともにチェックシートに記入します。

the土偶」といえる青森県の遮光器土偶や、日本の国家の成り立ちを語る熊本県の江田船山古墳鉄刀など、貴重な品々を間近にみることができました。