2017宮城総文報告(百人一首部)

7月31日(月)から、8月 2日(水)まで、第41回全国高等学校総合文化祭 小倉百人一首かるた部門の全国大会が、宮城県塩竃市の塩釜ガス体育館で開催されました。
全国から各都道府県の代表チームが44チーム参加しました。本校百人一首部からは、吉岡宙輝君と山崎亮太君が東京都チームの代表として(副将・三将)参加しました。
東京都で選考会を勝ち抜いた代表選手八名による混合チームではありますが、事前の練習会やミーティングを重ね、一致団結して戦いました。
チームでの練習の甲斐あって、結果として東京チームは全国優勝を遂げました。八連覇、通算13回目の優勝ですが、決して楽な道ではなく、選手一人一人が全力で闘って、やっと勝ち取ったものでした。その中で、本校の両名の活躍も光りました。

吉岡君は、予選リーグ3試合中の3試合、決勝トーナメント進出戦1試合、決勝トーナメント3試合中の準決勝と決勝、つまり全7試合のうち6試合に出場しました。山﨑君も、予選リーグ3試合中の2試合、決勝トーナメント進出戦1試合、決勝トーナメント3試合中の全試合、全7試合のうち6試合に出場しました。両名とも安定した戦いぶりで、相手を圧倒しました。惜敗した試合もありますが、肝心な試合は勝利し、チームの全国優勝に貢献できました。チームとしては緊張する局面もありました。しかし、チーム一丸となって闘い、勝利をつかんだ経験は今後のかるたの技量を高めるだけでなく、仲間を尊重し信頼することや、助け合う力など人間的な成長にも生かされていくはずです。吉岡君・山崎君の経験は本校の百人一首部や他の生徒たちにも伝えていってもらいたいと望みます。

大会参加に際しまして、関係各方面に様々なご支援をいただきました。ありがとうございます。今後とも精進いたしますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

夏季総合体育大会に向けた部活動の練習

 

中学校では夏季総合体育大会が行われております。3年生にとっては中学生活最後の公式試合です。夏季総体のために部員が一丸となって練習に励んできました。勝ち進んでいる部もあれば、残念ながら敗退してしまった部もあります。しかし、この経験を糧に高校生活でさらにステップアップし、中学時代では成し遂げられなかった結果を目指して頑張ってもらいたいです。

吹奏楽部定期演奏会報告

2017年3月20日、本校吹奏楽部(中学・高校合同)が浅草公会堂にて第4回定期演奏会を開催しました。

開催日は天候にも恵まれ、さらに祝日だったこともあり、過去最多となる約600名のお客さまに観覧していただくことができました。

生徒たちは多くのお客さまの前で、日頃の練習の成果を存分に発揮することができました。

日頃から本校吹奏楽部の活動を支えてくださる学校関係者や保護者のみなさま、そして地域のみなさまに部員一同感謝しております。

これで2016年度の活動はすべて終了となりますが、2017年度も白鴎吹奏楽部はより充実した活動を行っていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

第19回日本太鼓ジュニアコンクール全国大会参加報告(高校和太鼓部)

2017年3月18日から20日にかけて、第19回日本太鼓ジュニアコンクールに出場するため、センバツ甲子園で湧く神戸にいってきました。!

本大会は台湾・ブラジルのチームも含む56団体が優勝・内閣総理大臣賞をめざす全国大会です。

白鴎和太鼓部として久しぶりの全国大会で戸惑う部分もおおく、惜しくも受賞はなりませんでしたが、目標に掲げた「東京の高校和太鼓の魅力を発表する」ことと、「全国大会を肌で感じ、経験を次年度につなげる」課題は達成できたものと思います。

今後とも応援をお願いいたします!

軽音楽部「弥生ライブ」

2017年3月13日(月)に、本校軽音楽部が校内のホールで「弥生ライヴ」を行いました。

4・5年生で構成される6つのバンドが演奏しました。多くの生徒がライブを視聴し、アンコールもありました。年度末に、軽音楽部として良い形で活動を締めくくることができたと思います。

さて、これからの活動として、春季休業期間には都立桜町高校にて合同ライブに出演予定です。さらに、技術に磨きをかけていきたいと思います。これからも、応援よろしくお願いいたします。