長唄三味線部 活動報告

12月27日(金)に全国学生長唄連盟の演奏会に出演し、今年の演奏活動が一区切りとなりました。以下、活動を報告します。

7月全国総合文化祭(佐賀県武雄市民ホール)

 第43回全国高校総合文化祭に東京都合同チームとして出場、都立東久留米総合高校・青稜高校の箏曲部と「元禄花見踊」を演奏しました。
 三味線、お囃子、箏、十七絃とそれぞれの音を生かした楽しいコラボレーションが評価されました。

8月優秀校東京公演(国立劇場)

全国総文祭優秀校公演のオープニングとして、7月の総文祭メンバーでもう一度演奏する機会をいただきました。国立劇場のスタッフの方々のご厚意で歌舞伎で使用される桜の背景や下げまで使った舞台装置に一同感激。客席からの一瞬「ザワ」が来て、演奏も盛り上がりました。

9月文化祭

今年も、中高合同で文化祭公演を行いました。会場の講義室に入りきれないほどのお客様に来ていただき、部員一同感謝しております。

10月老人福祉施設訪問

 高齢者の方々と接すると、浅草は「芸ごとの 街だなあ」というのを実感します。演奏に合わせて口三味線を付けて下さる方もいらっしゃって、私達の楽しんで下さっているのが伝わってきました。ありがとうございました。

11月東京都総合文化祭中央大会 

  目黒パーシモンで「日本音楽部門」の大会が行われました。今までで最多の22校が参加, 課題も見つかり、以後の演奏の目標が出来ました。

12月ジュニアコンクール邦楽部門本戦

12月22日(日)洗足学園音楽大学で行われたジュニアコンクール本戦に出場しました。結果は、3位入賞「奨励賞」をいただきました。


12月全国学生長唄連盟定期演奏会

  年内最後の演奏会です。長唄はクドキの部分がしいのですが、全曲を目標に中高一体となって練習し「官女」を完成させました。中学生も意欲的に取り組み、いい演奏だと評価されました。同窓会の皆様からご寄付いただいた三味線のおかげで演奏会に参加出来ております。今後ともご支援を賜りますよう、お願いと御礼を申し上げます。