WWL事業「Tokyo Leading Academyトライアル参加」

2019年11月17日(日)午後、東京大学先端技術研究センターにて開催された、Tokyo Leading Academyトライアルに、本校から7名の生徒たちが参加しました。 Tokyo Leading Academyトライアルは、東京都教育委員会が主催する世界最先端かつトップレベルの学習機会を提供する特別講座です。 今回のテーマは「持続可能なエネルギーシステムの実現方法」です。東京大学先端科学技術研究センターの杉山正和教授、オーストラリア クイーンズランド工科大学のIan Mackinnon教授を迎え、レクチャーや最新の実験機材による実演、Q&Aセッションがすべて英語で行われました。スペシャルゲストとして、小池百合子東京都知事がいらっしゃいました。  生徒たちは、教授陣から与えたれた事前課題に取り組み、本特別講座に参加しました。事前課題を通して学び考えたことやレクチャーの内容、またそれらに関した質問を積極的に行い、得た答えから、さらに興味関心を広げることができました。

 全て英語で行われた本特別講座への参加を通し、「ツール」としての英語の役割を強く感じ、自らの世界を広げる上で英語を使えることの重要性について改めて考え、今後の英語学習の励みとなったようです。  今後も、さまざまな分野でのTokyo Leading Academyの開催が予定されています。世界最先端かつトップレベルの学びにふれることの出来るこの特別講座に、さらに多くの生徒たちに参加してほしいと思います。