2020年度全国高校生フォーラム参加報告

12月20日(日)、文部科学省が主催する全国高校生フォーラムに本校の生徒が参加しました。全国高校生フォーラムは、本校が昨年度から指定を受けているWWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業の全国大会として位置づけられ、WWL指定校、SGH指定校の生徒が集まり、日頃の研究の成果をすべて英語で発信する一大イベントです。今年はコロナ禍のため、オンライン開催となりました。

本校の発表テーマは、「HAKUO FOOTPRINT~選択可能な社会の中で~」です。

環境問題に対して自分事ととらえ、実際に行動しなければ問題を解決することができないという意識のもと、「各自の日々の生活における選択」がどれだけ環境に負荷をかけているか指標化し、環境に良い最適な行動とは何かを提言しました。

当日の分科会「自然環境と生活」に参加し、本校の発表テーマを踏まえて英語で議論を深めました。

生徒たちは、今回の発表に向けて、限られた時間の中で試行錯誤を繰り返しながら懸命に準備を進めました。

「HAKUO FOOTPRINT~選択可能な社会の中で~」の映像こちらです(WWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業HP内のYouTubeリンクが開きます)

「HAKUO FOOTPRINT~選択可能な社会の中で~」のポスターこちらです(WWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業HP内のPDFリンクが開きます)