WWLコンソーシアム構築支援事業                        成果報告会がおこなわれました。

本校は令和元年度(平成31年度)に文部科学省からWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業の共同実施校に指定されています。11月20日(土)、全校生徒および、外部から多くのお客様を迎え、3年間の成果を発表させていただきました。

本校では上野・浅草という地域の教育資源を生かし、日本の伝統文化理解教育を基盤に、ダイバーシティを尊重し、「競争」と「協働」の両方ができるイノベーティブなグローバル人材育成を目指した6年間を見通した教育を行ってきました。

各学年での取組発表を通して、伝統文化を学ぶだけでなく、その過程で情報収集の手法や留意点、リサーチクエッションのたて方、効果的なプレゼンテーションの方法、論文の書き方などのスキルも同時に習得し、最終的に英語での論文執筆に至るという長期にわたる学びの連鎖を感じることができました。

卒業生の発表では、11期(昨年度卒業)で現在東京大学1年生の榎原茉央(えばらまひろ)さんが、白鴎で得たチャンスから学びが広がり、現在に至っていることについてお話をしてくれました。現在の学びが未来の自分につながっていることを先輩の言葉から強く感じ、学ぶ意欲が高まった生徒も多かったことでしょう。

このような成果を経て、さらなる飛躍に今後も努めていきたいと思っています。

1学年発表 上野浅草プロジェクト
2学年発表 リサーチクエッションの設定に向けて
3学年発表  3学年探究活動「日常生活を通してSDGsを達成しよう」
4学年発表 地域行事を生かして、浅草・上野地区を発展させる未来への提言(ポスター)
5学年発表 5学年個別探究論文・高校生フォーラム
6学年発表 Hakuo Academic Program in English
11期卒業生 東京大学1年生 榎原茉央さん

WWLコンソーシアム構築支援事業について  WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業は、2019年に始まったSocity5.0時代に向けて高等学校等と国内外の大学、企業、国際機関が共同してより高度な学びを提供する仕組みをつくることで、イノベーティブなグローバル人材を育成していくものです。詳しくは、文科省のこちらのHPからご覧ください。https://b-wwl.jp/