中学吹奏楽部アンサンブルコンテストで銀賞受賞

中学吹奏楽部からユーフォニアムとテューバの四重奏チームが東京都中学校アンサンブルコンテストに出場し、銀賞をいただくことができました。

今回のアンサンブルコンテスト挑戦にあたっては、例年より高校生と一緒に演奏する曲が多くなった定期演奏会や、校内の合唱コンクールの練習で時間を取られることに加え、なんとメンバーの1人がインフルエンザで当日まで来れないなど、大変厳しい状況がありました。「銀賞」と聞いて悔し涙を流す生徒もいましたが、審査用紙には今後に生かすべきコメントがあり、得点は金賞まであと少し...というところでした。本当にいつも思いますが、この環境の中でよくがんばりました。顧問として生徒を誇らしく思います。コンテストは勝負ごとなので優劣がついてしまいますが、今回の挑戦で得た経験をこれからの演奏会などでの演奏につなげていって欲しいと思います。