4学年 総合的な学習の時間で上野・浅草についての講演会を実施しました

白鷗高校・附属中学校では探究的な学習を推進するため、今年度の4年生の総合的な学習の時間において課題研究に取り組んでいます。個人の本格的な課題研究は来年度からですが、今年度は課題設定のために、「上野・浅草」について様々な講演を聞いて知識を深めたり、流鏑馬や鳥越祭などを実際に体験することで伝統文化について理解を深めたりしています。

5月1日には、台東区観光ボランティアガイドの方々をお招きして、上野・浅草の歴史や文化について学びました。上野・浅草の地形の成り立ちや歴史的な変遷、そこでうまれた江戸文化や観光名所などについて知ることができました。自分たちが毎日通っている地域の歴史や文化について、生徒たちは興味深く聴いていました。今後、課題研究に向けて、より一層知識を深め、視野を広げていけるような授業を実施していく予定です。