中学吹奏楽部アンサンブルコンテストで銀賞受賞

1月26日に、中学吹奏楽部から打楽器四重奏チームが東京都中学校アンサンブルコンテストに出場し、銀賞をいただくことができました。

今回、初めて打楽器チームの出場でしたが、これがなかなか大変でした。
まず、選曲の段階から東西校舎に別々にある打楽器をリストアップし、どの曲が演奏可能か検討。
曲が決まってからもどういう段取りで楽器を運べば練習可能か考え、並行して定期演奏会の練習もある高校生との予定のすりあわせ。
部の中のセレクションを経て、コンテストに出場することになってからは練習が本格化し、毎週末の校舎間での楽器の運搬。
さらには例年のことですが、学校の合唱コンクールの練習、特に今年は曜日のめぐりもあり、直前の1月24~26日が中学、高校の入試で練習できないという、不利なことにかけてはおそらく東京都でNo.1ではないかという環境でした。
しかし、その中を生徒は明るく元気に乗り切り、高校の先輩たちの助けもあって、何とか晴れの本番の日を迎えることができました。
本当に、特にこの1ヶ月ほどで生徒は大変成長したと思います。
吹奏楽部を指導しながらいつも思っていることは、楽器が上手くなって音楽的に充実することも大切なのですが、生徒が1人の人間として周囲の人々とのコミュニケーション能力やチームの中での責任感など、これから社会で生きていくために必要なものを、部活動を通して養って欲しいということです。
そういう意味では今回のアンサンブルコンテストは、出場したメンバーだけでなくサポートした部全体にとって、とても有意義なイベントだったと思います。
前回のアンサンブルについての記事にも書きましたが、3月には下記の通り定期演奏会が予定されています。部員それぞれががんばっている白鴎吹奏楽部の一年間の集大成にみなさま、ぜひご来場ください!

日時:平成31年3月31日(日)12:30開場 13:00開演(15:30終演予定)
会場:浅草公会堂

1年生道徳 クリル学習

1年生道徳の授業で、本校のJETであるカリド先生が日本に来日した外国人の視点で日本に対する印象を話してもらいました。生徒たちも興味関心を高めたようで、積極的に質問などしていました。新鮮な話題だったようで、終了後の表情は満足感に溢れていました。

2年生 総合学習 「お米講話Vol2」

4月28に引き続き、双鷗会「おやじの会」のメンバーであり、お米マイスターの信知孝(のぶともたか)様より、「お米」に関するお話をしていただきました。田植え体験、農村体験学習を経て、白鷗祭で展示発表をしました。今回の講話やグループ学習は、さらに発展させた深い学びを促してくれました。これまで学び、体験してきたことをどのように日常生活に生かしていくか分かりやすく、お話ししてくださいました。

1、3年生 百人一首大会

1年生は東校舎体育館で、3年生は西校舎柔道場で百人一首大会を行いました。各クラスとも朝や放課後の練習に励み、厳正なルールの中、一生懸命に取り組んでいました。真剣なまなざしで、読み上げた歌をいち早く取ろうと集中していたようです。国語係と百人一首部が連携を取り、スムーズな運営を行っていました。

2年生 百人一首大会

1月11日(金)に東校舎体育館で2年生の百人一首大会が行われました。昨年より各クラス練習に励み、厳正なルールの中、一生懸命に取り組んでいました。新年の恒例行事であり、本校の伝統文化教育の一つでもあります。次回は1年生の大会が1月18日(金)に行われます。