沿革

東京初の「府立高等女学校」として明治21年(1888年)に創立されて以来、元浅草の地にあって120年余の伝統を誇るとともに、時代を先取りした進化を続けています。平成17年(2005年)に都立初の中高一貫教育校として附属中学校が開校しました。

明治21年12月 東京府高等女学校として、京橋区南小田原町4丁目8番地に創立(28日)
明治24年5月 同窓会を創設する。(明治40年10月 「鴎友会」と名称を定める)
明治33年4月 東京府第一高等女学校と改称する
明治34年7月 東京府立第一高等女学校と改称する
大正10年4月 本邦最初の高等科(定員80名)を新設。
昭和6年7月 首都復興状況ご視察のため、皇后陛下、本校に行啓さる。
昭和8年3月 女子教育の実状視察のため、賀陽宮妃殿下、本校をご参観になる。
昭和13年10月 創立50周年記念式を挙行。
昭和15年4月 3年制の府立第一高等女学校夜学校を開設。翌年、府立成美女学校と改称する。
昭和18年4月 本校に定数300名の夜間課程を開設。
都制実施に伴い、東京都立第一高等女学校と改称する。
昭和23年4月 東京都立第一女子新制高等学校となり、新制中学校を併設する。
昭和23年12月 東京都立第一女子高等学校と改称する。
昭和24年4月 男女共学を実施し、男子88名の入学を許可する。
昭和25年1月 東京都立白鴎高等学校と改称する。
昭和33年11月 皇后陛下のご臨席を得て、創立70周年記念式を挙行する。
昭和42年10月 創立80周年記念式を挙行し、校史「80年のあゆみ」を発行する。
昭和44年6月 創立80周年記念事業として、千葉県君津郡清和村鹿野山字632に新郊外施設が竣工。
名称を都立白鴎高等学校「鹿野山清和寮」と定める。
昭和53年10月 創立90周年記念式を挙行する。
創立90周年記念誌を発行し、鴎友ホールに資料コーナーを設ける。
昭和63年10月 創立百周年記念式を東京文化会館大ホールにて挙行する。
平成10年3月 定時制課程閉校。
平成10年10月 創立百十周年記念式を、すみだトリフォニーホールにて挙行する。
平成16年4月 白鴎高等学校附属中学校開設準備室設置。
平成17年4月 白鴎高等学校附属中学校開校。
平成20年10月 創立百二十周年行事を東京文化会館大ホールにて挙行する。